hello thank you

ハロオタの大きなひとりごと。

アイドルと恋愛

アイドルと恋愛

切っても切れぬこのワード。昨今ではSNSもすごい発達して、本人に流出の意図がなくても文春しちゃったり、油断ならぬ世の中であります。携帯電話がない時代よりもスキャンダラスで、身近に感じられるアイドルと恋愛の問題。

わたしが応援しているハロプロの子たちなんかはみんながみんな青春真っ盛りのうら若き女子たちであり、周りで恋愛してる子も多いし、自分たちは恋愛の歌めっちゃ歌うし。

人間だから我慢できないことあると思うし、恋愛もその我慢できないことに該当してしまう方がたくさんいるぐらい、脳内麻薬ドバドバでるような合法ドラッグ(みたいなもの)なわけですが、その合法ドラッグでアイドルはあっという間に死んでしまう存在であることをオタクは忘れられない。だから恋愛なんてしてほしくないと考えるオタクにも一理ありすぎるし、バレなければいいと思うオタクは優しいのでたぶん一生オタクだと思う。

私としてはバレた時が怖いから現役中は恋愛してほしくないし、アイドル卒業しても変な男に捕まってほしくないし、挙句にショットガン・マリッジ*1なんて卒業しててもバカー!!!って思う。これが私のアイドルと恋愛における本音ではあるが、アイドルたちに絶対そうであってほしいとは別に思っていない。願望なので。夢ぐらい見たっていいじゃん。

現に既にアイドルを卒業した私の推しは現役中に男バレして罰を受けてる(と言われている)*2……好きになったアイドルの過去の遍歴には意外と寛容なのがわりと矛盾してるけど許してほしい。

それに、恋愛していることを隠し通せるような脳みそを持っていたら、そもそも現役中に恋愛なんてしないと思う(正しくは思いたい)。アイドルを生業としながら恋愛をしない、というのは理性的でいられる頭があるから。その反対で、アイドルでありながら恋愛をする、というのは本能を抑えられない動物的な人という印象がどうしても私の頭の中でついて回る。隠し通せるような脳みそを持っている人なら、危険な火遊びには手を出さないはず。

火遊びに手を出す人の周りにはたぶんいろんなもっとヤバい人がいます。リークする友人(?)、交際を匂わせる恋人(これはどちらかというと男性アイドルに多い)、容認する隣人……本人がやらかさなくても(隠しているつもりでも)、どれか火種になって大発火起こす。

 

というわけで、隠していられる、バレないでいられるならアイドルも恋愛していていいと思っていた私ですが、そもそも隠し通せる頭があるなら現役中に恋愛なんてするか?という考えに至りました。ぜんぜん元気です。好きな歌声が消える(かもしれない)のはちょっと寂しいですけど、まあ遅かれ早かれ、そういう運命だったんです。

*1:り……

*2:从*・ 。.・)……

広告を非表示にする