hello thank you

ハロオタの大きなひとりごと。

娘。コンに行く前の思いを綴るだけ

こんなあと一週間もしないうちにコンサート!見に行くよ!っていう時に書くような内容じゃないと思うんですけれども、こう思うことは言葉として発散しておきたいので書きます。

※なんか序盤を書いているだけで気持ち悪いオタクの自己陶酔ブログが出来上がりそうな気配がしたので、そういうのに背中がゾワゾワしちゃう人は読まない方がいいです。私も後から読み返したら具合悪くなりそう。

 

 

私はここ一年ほど、モーニング娘。内での一推しと呼べる存在がいた。過去形にしているのは、少なくとも現在進行形ではないと思ったから。まんべんなく様々なメンバーを見ていく中で、特に面白いなと思ったのが彼女だった。

彼女は容姿の整った人で、スタイルも一度たりとも崩したことがない。ビジュアルに関してだけ評価をすれば、彼女は間違いなく高水準。笑った顔がちょいブスなところも含めていいと感じた。

そんな彼女は全力の人だった。そのひたむきさがとにかく最高で、わたしはそういう彼女をずっと求め続けていた(あくまでステージ上での話です)。上手い下手関係なしの全力でカッコつけてくれるパフォーマンスが、ああ、いいなと思わせてくれた。

私は基本スキル厨と自分のことを言うようにしているのですが、だからといってできない子アンチなんかではなく、できない子はできない子なりのパフォーマンスの道筋があるので、それをはっきりさせている子なら私は大歓迎だった。むしろ己の道が定まっている子こそが好きだった。そこに上手い下手は関係ない。

 

だけどここ数ヶ月、前ほど彼女に熱を抱いていないことに気がついてしまった。なんだか焦ってしまった。多分彼女は全力であることを止めた。年齢や立場もあるかもしれない。でもそれこそが彼女のセールスポイントであると感じていた私は正直なところ面白くなかったし、寂しく感じた。この寂しさが推しとハッキリ言えなくなった理由だ。

推し不在。しかしDDでもない。じゃあなんで単独コンに行くの?って漠然とした不安に駆られた。私は何を見に行くんだろうか。感情の整理がつかないまま漠然とコンサートを見ても後悔しそうなので、見る目的をハッキリさせたい。

楽しめればそれでいいやん、って思いそうですけど、推したいと思っている子が楽しそうじゃないとこっちも頭空っぽにして楽しめないんですよ!!!!だから、彼女が楽しそうにやっているかどうかを見るのが今回の目的。なんだかんだ言いながらも、最終的には黄緑色のサイリウムをアホみたいに振っていたいです。

広告を非表示にする