hello thank you

ハロオタの大きなひとりごと。

「ジェラシー ジェラシー」はMVでもっとジェラシーを演出すれば満点だった


モーニング娘。'17『ジェラシー ジェラシー』(Morning Musume。'17[Jealousy Jealousy])(Promotion Edit)

 

あなたは「BRAND NEW MORNING」?それとも「モーニングみそ汁」?

そんなわたしは「ジェラシー ジェラシー」派です。

 

ameblo.jp

前奏からドキドキさせるような美しさとコミカルさの入り混じった音とタイトル通り女の嫉妬にまみれた歌詞が脳にこびりついて離れない。

衣装からしてどんなガッカリ曲を持ってくるのかと不安で仕方がありませんでしたが、久しぶりに初見から「好き」と言える曲で聞いていてとても楽しいです。

 

歌詞の意図を考えたくなるほど楽しい

ラップ以外の歌詞は一貫してジェラシー抱いている女子ですよね。ずっと(すべて引っくるめて)愛されたいっていうことを叫んでいる。ただし諦めはなく、ジェラシーを原動力にして明日に向っていく強い女子。っょぃ。

一方ラップの部分は徐々に晴れやか・前向きな気持ちになってきていて、黒から白になりつつある様子?と思いました。

これ本編(という言い方が正しいとは思わないけどこれ以外に言葉が見つからなかった)とラップは別軸の話なのかな…と考えていたのですが、本編は「悔しさが明日を作る」「~だからこそ明日に向かう」と黒なりに前向き?というか黒らしく前に進む感じのイメージ、ラップは自分のジェラシーをのみ込んで「未来に向かってLet's Go!」なので一貫して同じ人物たちなのかな~と思ったり。ヨクワカラナイ。考察は苦手なんですよね。好きだけど苦手なんですよね!!!(好きだから得意ということはない、必ずしも)

f:id:irh168:20170228234321j:plain

(私服衣装ダサいダサいと言われていますが私はわりと好きです……)

 

基本的には同じことを繰り返している歌詞なのですが、邪悪な美しさというかどす黒い中に差す唯一の光に手を伸ばす感じとか、ある種の泥臭さとかがより強調される感じがします。

男オタの方の中には「女の子の黒い部分なんてみたくない><女の子はみんなイチゴのベッドで寝ているんだ!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、女の正直な嫉妬心、愛おしい憎悪、渇望がアイドルらしく描かれていて、控えめに言ってとても興奮します。ありがとうございます。

女にこれだけ言わせるつんくの女子力ってホントすごいな…。ジェラジェラの中の女子力備えちゃってんのってつんくさんなんじゃないですか…。

これを今のモーニング娘。が歌うっていうのがまた色々含み満点じゃないですか。そういう点も興奮する。ありがとう。

 

MVにジェラシーが足りない

この曲の主役って完全にジェラシーを抱える女子なんですけど、よりにもよってそのジェラシーが足りてないなあって。

もっとジェラシーを顔面に滲み出させてほしかったです。その方が白サイド・ラップサイドとのギャップが生まれて分かりやすい画になったと思うんだけどなー。

ただ単純に暗い表情、つまらなさそうな表情させるんじゃなくって、もっと感情に振り回された表情があった方がメリハリがね、つくと思うの。

ソロリップシーンすらいらない気がするんだ。ジェラシー感じすぎちゃって必死な表情しながら歌ったりしてほしかった。その方がああ~こんな表情もできるんだな~~~って、思う。あとおすまし顔(とさゆのモノマネ)の連チャンが飽きてきましたので…。

 

事務所はモーニング娘。'17のことを清楚なイメージで売り出したいのかもしれませんが、そのイメージ戦略こそ違うと思うのよ。清楚はね、つばきファクトリーにやらせておけばいいんだよ。どうあがいてもつばきの方がフレッシュなんだからさ…。

年代によってグループのイメージがガラッと変わるのも長く続けてきた娘。ならではと思うのですが、やっぱりギラギラしたイメージの方が娘。らしいと思うのは私が幼少の時に黄金期に触れていたからなんでしょうね…。強い女でいてほしいんですよね。

こんなスゴイ歌詞の歌をおすまし顔で歌っているんですよ~キラキラ~じゃなくって、私たちこんなに強いんですよ!!!どうですか!!!!ってグイグイくる感じでいてほしいです……。時代もあるから仕方ないのかなあ。ウーン。でも大人しくしてて売れるような甘い時代じゃないと思うんですよ。

まあ、娘。自体の話は置いといてですね。

 

水風船ぶん投げるシーンで何を思い出したかって「セクシーキャットの演説」の後半部分!!!ここには不満しかないぞ!!


モーニング娘。'16『セクシーキャットの演説』(Morning Musume。'16[Sexy Cat’s Speech])(Promotion Edit)

セクシーキャット以外が暴れ始める・好き勝手やり始めるシーンに演出がそっくりすぎて。え、いや……それこの間やったじゃん!と思ってしまいました。完全一致ではないですが、既視感を感じまくりでいや……ね、もう……いや……。その過ちこの間もやりましたよね???

あのシーンは完全に蛇足だと思います。あんな水風船シーン入れるならトルソーに着せてあったあの使われなかった服着せて踊らせてほしいし、ジェラシーの渦中であえぐ女を熱演させてほしい。

あの水風船(と謎看板)でワ~~~~すごい!いい歌だ!!!っていうテンションがスーッと冷めた気がしなくもない。せっかくのカッコいい小田フェイクが台無しだよ!最後の自信に満ち満ちに満ち溢れていますみたいなメンバーのカットもいらないなあ!!!

一言で言うとありきたりなさわやかでまとめたのが気に入らないんですよお!

 

この感想は歌詞とちゅんくのライナーノーツだけを読んで書いているので、アプカミとかのMV裏側などで撮影監督がどんな言い訳意味を説くのか分からぬままああだこうだと書いています。でもあれあれこうだったんですよって言われても出来上がった作品を見てそれが伝わってこないと意味がないのでとりあえず私はこう思いました!

曲・歌詞は大好き。MVがイマイチすぎて曲評価の足を引っ張りそうで心配。以上です。