hello thank you

ハロオタの大きなひとりごと。

まりあんLOVEりんの誕生日ドッキリがあまりにもお粗末すぎたのはバラエティスキルがないから

巷を騒がせているまりあんLOVEりんドッキリ事件。

モーニングみそ汁で久しぶりに多幸感をアピールできたはずなのに、それをぶっ潰す勢いでぶっ込まれたこの事件。まりあが推しじゃない私から見てもほんと~~~~~~~に嫌な気分になりました。

 

hello0713.hatenablog.jp

 半年以上前のブログでもよく分からないお粗末で今時流行らないパワハラのようなドッキリはやめてほしいと書いたのですが、また悲しい出来事が起こってしまいました。この頃から何も変わってないどころかエスカレートしているってどういうこと!

 

今度のターゲットは16年になってから人気が鰻登りな牧野真莉愛ちゃん。

先輩に理不尽に叱られ、泣かされ、それでハッピーバースデー!っていや……いや、おかしいでしょ。これ実は去年の羽賀朱音ちゃんの誕生日の時も似たようなことやってる(羽賀ちゃんの時は石田の呼び出しで羽賀ちゃんが怒られる…!と思いながら別室に移動したらそこでネタバラシでした)んですよね。明らかにエスカレートしているんですけど。

私はモーニングには幸せな空気を保っていてもらいたいし、ゲンナリするためにハロみているわけじゃないんですよ。あとご新規オタの皆々様がドン引きして離れないかが一番心配です。

なんでこういう方向性のドッキリしかできないのかな~って思ったんですが、それはこの事務所と所属タレントにバラエティの教養があまりにもなさ過ぎるもしくは考えが古いからだと思うんです。

 

ハロプロのバラエティスキルは壊滅状態

現在ハロプロのバラエティクイーンといえばやはり嗣永桃子。数々の現場を経験してきた彼女はあらゆる物事に臨機応変に対応ができるし、気の利いたコメントも残せる。

だからももちがカントリー・ガールズの後輩メンバーにお小言を言ってもほどよい笑いになるし、後輩メンバーも嗣永先輩にバラエティのいろはを学んでいるのでお小言に対してそつなく返したり、アイドルとしてほどよい先輩後輩の対立演出ができる。

 

今時パワハラくさい映像は流行らないんですよ、このご時世だから。

和田アキ子が自分の番組で出川哲朗に謹慎中の狩野英孝に電話かけろって強要して炎上しましたよね。弱者を責め立てる映像は今の視聴者だれも面白いと思わないし、むしろ不快。

 

それなのに後輩(13期)が入ったと言えどもまだまだ後輩メンバーのまりあを捕まえて先輩数人がかりで泣くまで叱り、それで泣いたら(しかもまりあは泣き虫を自覚していて泣かないように頑張って我慢していた)ハイドッキリ大成功!ケーキです!ハイ写真撮って仲良しイエーイ!っていや…いや……面白くない……。

これを面白いと思ってやっているなら本当にモーニングについてるスタッフは頭がイカれているとしか思えないし、そんなクソスタッフの下で育つメンバーはもちろんそんな悪影響をがっつり受けちゃいます。いや、もう完全に受け継いでんのか。わからないですけど。

 

ハロのメンバーは小さい頃からアイドルをやっていて(結構いい年からスタートの子もいますが)、精神的に未熟な状態で芸能界に飛び込んできたんです。アイドルの先輩だけじゃなく、スタッフ含めた周りの大人たちを見て育つんです。

劣悪な環境に置かれたらどう育ってしまうかは察しつきますよね。性格ひん曲がりますし、間違ったことを面白いことなんだと認識してしまったら最悪です。そうです今最悪な状態です!!!!

イジメとも思えることを面白いと持ち上げる時代は終わっているのに、それをいつまでも面白いと思い込んでいるバラエティスキルの貧弱さに呆れてしまいます。

 

今回のドッキリを考えたのがZDA動画を考えたようなバカスタッフなのかメンバーなのかは明らかにされていませんが、9、10期に「やめましょう」「面白くないですよ、こんなこと」って言える子が誰もいないのは本当に厳しいですね。

 

ハロプロにはもっとバラエティ研究してほしいですね。本人たちだけに任せるんではなく。いやハロメン本人の向上心とかも必要なんですけど。ハロ全体の意識変えないとダメです。

未だに娘。メンは大学進学させられない(真偽は不明ですが今のところ事実)とか、バカを量産してウケる時代ももう終わっているのでね。大学行きたいと言う子には行かせてやってほしいです。それがすべてとは言いませんが、おバカはもう嘲笑の対象になっちゃうから。

 

温和なハロオタもこれにはガッカリ

ハロオタって(主にTwitterに生息しているような方たち)ってそんなに攻撃的じゃないし、むしろハングリーでハロプロを一般層に知ってもらおうとめっちゃ必死な、ハロプロが心底大好きっていう方が本当に多いです。まあ私は事務所に対してだいたい超攻撃的なんですけど。

 

今回の件が荒れたのはオタク視点から見たハロメン同士の信頼関係に問題があると思います。特にまりあはちょっとぶりっ子で、このご時世珍しいキャラクターの持ち主ですから、喋っても特に突っ込まれずスルーされたり、もしくはモノマネされて笑われるのが今のメンバーのバラエティスキルの限界。

まりあと今回ドッキリを仕掛けたメンバー間の信頼関係がオタク視点、不鮮明で不安を煽っている、のだと私は思っています。

イジったりドッキリを仕掛けた後、オタクにアフターフォローを心配させてはいけないと思います。これはオタクに優しくとかそういうことじゃあなくて…余計な舞台裏を想像させてはいけないという意味合いで。

普段からハロメン同士の信頼関係が垣間見えていれば多少雑なドッキリでもイジりでもハロオタは頑張って笑いに昇華するんですよ。実はすっごいギスギスしているんじゃ…とかは考えない。それを考えさせてしまったらダメです。

 

しかし一番厄介なのはハロメンを全肯定する事なかれ主義のDDだとTwitter見てて思いましたまる

 

終わりに

小田さくらちゃんのまりあBDブログが素晴らしかったのでこれを置いて〆ます。

もうできればこんな記事書きたくないんですけど、鬱憤は書かないと娘。に対する疑心が落ち着かないんで!!これファンブログだからしゃあない!

\まりあ誕生日おめでとう!/

ameblo.jp

広告を非表示にする